行政書士試験!!独学で合格した私の勉強方法の目次

     行政書士試験に合格するには?どうしたらいいか
勉強方法はどうすればいいか?




行政書士試験に合格するのはどうしたらいいのか悩まれている方も多いと思います。

中には行政書士にどうしてもなりたいけど試験が難しそうだから諦めたという人もいるかもしれません。

または何度挑戦しても不合格なので、もう受検をやめたという人。

確かに行政書士試験は合格率一桁の難しい資格と言われていますが、正しい勉強法、しっかりとした勉強スケジュール、必要最低限の勉強時間さえ取れれば、十分に合格できる資格です。

このブログでは独学での勉強方法や試験対策・戦略の立て方、合格のコツなどを存分に紹介しています。

また効率の良い記憶方法や裏技的なことなどについても書いています。学習する上で何かの参考になればと思っています。※速読術や記憶術的なことは書いていません(笑)

行政書士の資格試験に合格するには独学がオススメです。

ネット上などで「独学では絶対無理」という声も多いのは確かですが、絶対に合格不可能ということはありません。

現に私が自力で受かっているから、ウソではありません。(もちろん、高学歴でも法学部でもありません)

しかし国家資格、ましては法律系の資格である以上、簡単には合格できません。その人の潜在能力や元々の教養や学歴にもよりますが、それなりの努力は必要です。




なので初めから潔く、予備校や通信講座で合格を目指すことも私は間違いではないと思います。

私だって、独学よりもサポートのしっかりした通信教育や予備校で受けたかったというのが本音です。

ただ、私のような貧乏人にしてみれば、高額な費用がかかる予備校は最初から選択肢になかったのです。

ただ、それだけです。非常に簡単な理由です。

しかし現在、その当時は知りませんでしたが、独学にかかる費用に数万円足しただけで受講できる、コスパの良い通信講座も出てきているのも事実です。

実際に、独学よりも通信講座や通学向きの人もいます。

参考書選びなどの手間を考えれば、そっちの方が良かったかなとも思っています(笑)

私が独学より通信講座を選んだほうが良いかなと思った理由

独学、通信講座、通学、それぞれ一長一短はあります。どれを選べば正解ということはありません。

受験生一人一人、金銭的事情や学歴や記憶力といった能力や環境は様々です。

大事なのはそれぞれの受験生にあった方法を選択するということです。

なので必ずしも独学に固執する必要もまったくありません。

基本的に行政書士は申し込みを忘れずにし、どんな方法であれ必要最低限の勉強さえすれば誰でも受かる試験なのです。難易度や合格率なんて気にする必要はありません。

ただ、独学で合格するとなればある程度、戦略や作戦を立てる必要があります。

がむしゃらに勉強して受かる資格ではありません。

簡単かつ楽して合格したいならば、合格点ギリギリを狙うことがオススメです。

後で詳しい説明はしますが、行政書士試験は基本的には300点満点中、合格基準点の180点を超えていれば不合格にはなりません(一般知識の足キリなどはありますが)。

つまり180点さえ超えれば、行政書士試験に合格できるのです。

中には否定的に捉える方もいるかもしれませんが、私は常套手段だと思っています。

そのおかげで私は独学でより短い時間、少ない費用で合格しました。

ここでその勉強方法を少し紹介すると、記憶は夜にする、行政法を重点的に勉強するなどの王道の勉強法から、商法を捨てる、ノートは取らないなどの非常識とも思える勉強方法まであります。

真向勝負しても時間がかかるだけです。

例え、満点で合格しても190点で合格しても行政書士にはなれます。

そこはまず押さえておきましょう。

またわかり易いテキストであったり、オススメの問題集などもこのブログで紹介しています。
当ブログの合言葉は合格点のギリギリを狙って、楽して合格!!です。
少しでも参考にしていただければと思います。

時間がないという人のために目的別のリンクを作ってみました。こちらを読めばこのブログの概要がつかめると思います。該当する方は以下のリンクからどうぞ!!

行政書士試験を受験しようか迷っている人

勉強方法や戦略をいち早く知りたいという人

オススメの参考書・テキストや問題集が知りたいという人

・低価格・高合格率の通信講座。資格取得はフォーサイト

はじめに~挨拶と行政書士試験に合格する方法について

資格マニアの管理人のプロフィール等です。読み飛ばしていただいても構いません。

     勉強する前に!!まずは行政書士試験を知ることが大切

行政書士試験とはどんな資格なのかがわかります。日程や申し込み期間、合格基準など知ることはもちろん各科目の配点から出題形式まで知らなければなりません。特に配点は大事で、配点から勉強方法や戦略を練るのが基本となっています。

行政書士試験は行政法と民法と憲法を重点的に学習するのがポイントです。

他士業資格の社労士試験と司法書士試験についても少し書いてみました。将来、ダブルライセンスを視野に入れたり、ステップアップする予定のある人は見た方が良いかも知れません。興味なければ読み飛ばしても構いません。

スポンサーリンク


     合格のために必ず知っておくべきこと・勉強法

資格試験に合格するための基本は過去問中心に演習すればいいと思っている方、行政書士試験は過去問だけでは通用しません。行政書士試験は暗記のみで解ける問題とそうでない問題があります。過去問の問題と解答を暗記するだけでは合格はできません。正しい勉強方法を知ることで例え独学だとしてもぐっと合格へと近づきます。

  独学!勉強法はコレ!!行政書士試験対策・オススメのテキスト・参考書など

独学で学習する上で大事なのがテキスト・参考書や予想問題集などの教材関係についてまとめてみました。具体的な勉強方法も書いています。あまり自信はありませんが、条文など要点についても書いてみました。迷ったときは読んでみてください。何かのヒントがあるかも知れません。

当日・前日の過ごし方と行政書士試験のアレコレ

試験日当日や前日の過ごし方も大事です。やはり本番に力を出し切れなければ意味がありません。他、行政書士試験の歴史なども書いてみました。裏技や試験のコツなども少し書いています。あとは勉強のモチベーション維持についても書いています。余裕のある方は読んどくといいかも知れません。

行政書士