民法改正でより難しくなるのか?

民法改正についてです。今時点で今年度受験を諦めている人からしてみれば、来年度からは、改正後の民法で試験に臨まなければなりません。

ちなみに相続に関しての改正も2020年度から出題されることになります。

これに関して、行政書士試験は難しくなるのか?

非常に気になるところではあります。

しかし、来年度の試験で初受験、初学者となるのであるならば、特に問題ないといえるでしょう。

理由はそれが当たり前になるからです。

仕事でも同じようなことが言えますよね、過去の手続きは簡単だったといういう場合でも、それを知らない人からしてみれば、難しい方の手続きが普通になります。

ということで、すでに改正民法を勉強している人は問題なしです。

私も民法改正については、今になってからちょっと本を読んだ程度ですが、時効制度なんか特に簡単になった印象です。

もともとわかりやすい民法を目指した改正でありますから、初学者にしてみれば、特に影響はないのかと思います。

一方、これまでの受験生、いわゆるベテランの方からしてみれば、大変といえるかもしれません。

これまでの知識をアップロードをしなければいけなくなるからです。

しかし、もし実務をやるとしても、結局は最新の法律に適応していかなければいけないので、遅かれ早かれやるべきことです。

まぁ、申請とかであれば、民法を使うこともさほどないかと思います。

とりあえず、今年度なんとしてでも合格を目指すことです。

もし、自信がないという人は、とりあえず、改正のすくない、行政法を重点的に勉強して、民法は改正がほとんどされない、物権を重点的、かつ優先的にやればいいかと思います。

ただし、行政書士試験の民法は債権の出題の方が若干多いので注意です。

行政書士試験の民法は確かに合格するうえで、重要な位置づけではありますが、言っても、ナンバー2です。

もっとも大事なのは行政法です。

それを忘れてはいけません。

また、行政書士試験のいいところは、そこまで民法がほかの科目に密接に関係していない点にあります。

これが司法書士試験のとなると、死活問題となります。

なぜならば、民法の配点がかなり高い上に、不動産登記法にしても、民事訴訟法、ほかの科目にしても、民法の知識を前提にすることが多いからです。

その点、行政書士試験の民法はある程度、独立していますから、安心です。

私としてはそこまで、民法改正を恐れることはないと思います。

私自身、民法改正の本をちらっと読んだだけですが、判例が条文化しただけというものも少なくありません。

以上、この時期になると疑心暗鬼になると思いますが、自分を信じて頑張りましょう。